お金持ちと貧乏人の違いは一体どこにあるのだろう? | エンタメ情報局!蔵之介な日記

お金持ちと貧乏人の違いは一体どこにあるのだろう?

スポンサードリンク

誰しもお金には困りたくないものですが、

意外に思われるかもしれませんが、貧乏でも幸せな人はいます。

「え?絶対お金たくさん持っていた方が幸せに決まってるじゃん!」
という方も見えるかもしれませんが、実はこれには善し悪しがあるのです。

と言う事で、今日はお金持ちと貧乏人のメリット/デメリットを書いていみたいと思います。


お金持ちのメリット



1.お金で何でも買える。

少し細く分けると「物、お金、時間、経験」がありますが、
大抵お金で交換する事ができます。

物 →服、食品、住居
お金→株、FX、先物商品
時間→洗濯機、自動車、飛行機、新幹線
経験→旅行、塾、教室


時間の欄が理解しづらいので解説しますと、
早くできたり、着いたりするので、その分時間が浮くという事です。

4つの物を惜しげもなく買うと、お金が還ってくるというのは
お金持ちの人が言っていますよね。

札束


お金持ちのデメリット



1.お金を守る為にお金が必要

泥棒さんも効率良く稼ぎたいでしょうから、お金持ちの家に行きます。
その為、セキュリティーを強化しなくてはならないので、

門番を雇ったり、防犯カメラを複数台設置したり、
防犯カメラを24時間監視する人を雇ったりと

お金を守る為にお金が必要だったりします。


2.税金が高い


日本の場合、年収が1000万円超えている人は全体の2.2%178万人です。
(平成23年分の国税庁調査)

年収1000万円の税金は簡単に言うと43%も取られちゃいます。

年収1800万円超えると50%です。


ちなみに年収330万円~695万円は30%です。

スポンサードリンク



3.社会的責任が重い


年収が高い方=大抵責任が重いです。

簡単に言うと、超成果主義な為、プロセスは一切関係無く、
言い訳が通用しないし、成果が無ければ報酬がありません。


4.社会的兄貴な為、社員、部下、後輩の面倒を見なければならない


後輩や部下の面倒を見なければならず、お金を使います。

ホストや力士を例に挙げますと

NO.1ホストは、まだ稼げていない新入りや後輩を
連れ出して、朝飯やら晩飯やら奢りまくってました。

横綱 曙が結構前にチョロっと口にだしていたんですけど、
優勝とかすると、色んなところにお金を渡すもんだから、

結構手元には残らないと言っていました。

お金


貧乏人のメリット



1.お金の事を考えないで済む

お金に執着が無い方はお金に縁がありませんし、
考えませんので、楽で幸せです。


2.奪われる物がない

物、お金、経験を持っていないので、奪われる心配がなく幸せです。

3.時間をたっぷり持っている

特にやりたい事が無いので、時間を持て余しています。

4.責任が無い

何かに挑戦する事がないので、失敗が無く、
何かに責任を押し付けていれば良いので楽です。

乞い


貧乏人のデメリット


1.お金が無い

経験とお金を使えない為、お金が増えません。


後記



人それぞれ、自分の時間を大事にしたい人もいますし、
お金さえあれば良いという人もいたり、

バランスよく欲しいという人もいます。

私はバランス良く欲しいタイプですけど、
お金も時間も欲しいので

強欲なんですね。。。。私(苦笑

スポンサードリンク

拡散願い

この記事へのコメント

エンタメ情報局!蔵之介な日記 TOP » ネタ記事 » お金持ちと貧乏人の違いは一体どこにあるのだろう?

无觅相关文章插件,快速提升流量